2018年10月18日

パズドラの秋2018

パズドラ(Monthlyダンジョン)と
モンスト(玉楼2)の宿題にやっと一段落ついたので久しぶりの更新です(^o^)

こないだやってた一度きり精霊王ですが
わたしのアカウントには草のビュートがでました。
これをガチャ限なしで普通にノーコンしてましたね。
リクウの鬼の糞ステのおかげで
ええ感じにダメージが通ったのです(^o^)v
ガチャ有りのサブ機に配備しておいた眼鏡が非常に輝きました。
雲耐性が無いと白鯨とはマトモに戦えません。
ちょっと無理して狙いに行った甲斐がありました(ヽ´ω`)
サンデーコラボは新刊のコミック3種を、各10冊くらい交換しておきました。
今回は3人マルチの難易度が優しく設定されてるので
レアドロップが捗る3人マルチの方が周回は美味いです。
速攻で集め終わりました。

3人マルチが美味いのは結構ですが
普通はそんなこと気が付かないよね
こういう、ややこしいのは止めた方が良いと思うの(・_・)
3人マルチは、もう誰もやってないんでしょう(・_・)
これからはテコ入れのために
周回を易しくしていく方向なのかもしれません。

3人マルチの編成で困るのはスキブですが
ガチャ限なしでも、ヴァースに神楽サリアを詰めておけば
それなりに形になります。

なお先制で詰む模様
新降臨のリントヴルム(リンドヴルム)も
ガチャ限なしソロでノーコンしてた(;´Д`)
超高ステのヘキサゼオンの2枚補強という発想は
やはり、ある程度は正解な気がする。

過剰な回復力を受け止める高HPがあれば、
リクウパは、もうワンランク上のステージにいける。
耐久して耐久して、エンハでドーン!っていう
最新のブブソニですよ。

なおヘキサゼオンの50ラゲでBOXが枯れる模様
ソロ撃破は完全に趣味なんで
いうて周回は自演マルチなんですけどね

コツは不安定な2色陣を
柔らかい光ゴーレム戦で、さっさと使っておくことですかね。
あとは花火周回と、薫殿の確定盤面なので、事故はないです(キリッ

光ゴーレムにはエキドナのLS追い打ちが通りませんが
普通に1パズルして倒します
結果がそれがバインド避けのターン調整になります。
ナポレオンという謎キャラが入ってるんですけど
この枠は
・スキブ2以上(できたら3欲しい)
・スキルが軽い(薫殿が、やや重い)
・ドラゴンキラー(ユグドラシル戦で、ちょっとだけ補強したい)
っていう三要素が求められるんですど
そんなキャラは図鑑には沢山いるのですが
BOXには居なかったので妥協の産物でナポレオンが入ってます。
でも周回のミソは
結局、ツバキの豪腕でしょ?ガチャなしの矜持は無いのかよ!って
思わんこともないですが
ボス戦は、ディノ装備単騎で4億を持っていってんだよなぁ
たった一個の素アビ・キラーに、潜在キラーを補強するだけで
苦手属性を、物ともしない火力が出るのが今のパズドラです。
っていう現状を踏まえれば
このリントヴルムの素アビ・キラーは強いという評価になる。
ステータスも高いし、
マシンタイプの敵なら、だいたい単騎で倒せるだろう。
毒耐性は別にそこまで貴重じゃないけど
リンドヴルムが埋めといてくれるなら
アシストはハットリくん武器(お邪魔耐性)に回せるので無駄にはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿